2009年11月07日

クレジット・カードローン・貸し金業は法律改正後には・・・

サラ金と呼ばれたノンバンク系の金融会社がどこも減収。
アコムも大きくリストラをするらしい。

総量規制で年収の1/3までしか一人あたりに貸し出しができなくなるし、利息過払い金の返還請求を起こされてことごとく返還せざるを得ない状況になっているのが現状だから。

今まで甘い汁を吸って銀行とも結託して30%近い利息をさも当然のように貪ってきたのだからそれは仕方ないことでしょう。

しかし、これからは新たな手法のクレジット業者が乱立しそうな気配を感じます。

たとえば、新規参入のサラ金業者で、自己破産や任意整理をすすめて社労士や弁護士に紹介しその手数料稼ぎを専らにしているところもあるらしい。

聞けばやり方は簡単。

ネットで大々的に【他所で断られた方も大歓迎!おまとめローンを積極的にやりますよ!!】と宣伝をして地方からたくさんのお客を集客すればよいわけだから。

気をつけましょうね。甘い判断が命取りになります。

ですが、銀行も貸さない・サラ金業者も貸せないとなると困る方は今後ますます増えていくのではないでしょうか。






posted by kutikomi at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。